スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩田光央

いわたみつお岩田光央プロフィール本名岩田無料携帯ホームページ愛称兄貴、みっちゃん配偶者愛河里花子出生地日本・埼玉県所沢市血液型A型生年月日1967年7月31日現年齢42歳所属大沢事務所活動活動時期1977年-デビュー作マジシャンのルウ(『うる星やつら3リメンバー・マイ・ラブ』)声優:テンプレート|カテゴリ岩田光央(いわたみつお、1967年7月31日-)は日本の男性俳優、声優。出会いランキング県所沢市出身。血液型A型。大沢事務所所属。以前は劇団こまどりに所属していた。代表作には映画『AKIRA』(金田正太郎役)、『頭文字D』シリーズ(武内樹役)、『サイボーグ009THECYBORGSOLDIER』(008/ピュンマ役)、『灼眼のシャナ』シリーズ(“蹂躙の爪牙”マルコシアス役)、『アンジェリークシリーズ』(鋼の守護聖ゼフェル役)、『現金化口コミ.Gray-man』(アレイスター・クロウリーIII世役)、『おはコロシアム』(ケシカスくん役)など。目次1人物概要1.1特色1.2エピソード1.3挑戦企画2出演作品2.1テレビアニメ2.2OVA2.3劇場版アニメ2.4ゲーム2.5吹き替え2.6テレビドラマ2.7映画2.8実写(顔出し)2.9特撮2.10舞台2.11ラジオ2.12CD2.13CM2.14その他3出典・脚注4関連項目5外部リンク[編集]人物概要通称「兄貴(アニキ)」。『ぼくのマリー』でマリの「兄」ひろし、『超兄貴ショー』で「イダテンのアニキ」を演じたことが由来とされる。後輩やラジオのリスナー、ファンたちから兄貴的に慕われる存在である。妻は同じく声優の愛河里花子。結婚後、長い間夫婦であることが秘密にされていた[1]。私とコサ語の出会い高原教会で1992年6月13日結婚[2]。2006年1月17日に第1子(男児)誕生。実妹は声優のAKIKO[3]。また従姉妹も歌手の高柳千野(CHINO、葉菜)。M(マゾヒスト)である事を公言しており、ラジオ番組などでも相方パーソナリティやゲスト等から弄られて喜ぶ姿が垣間見られる。また、演技では噛む(舌が絡まる、台本などを読み間違える)事が多く、自身も認めている。愛車はミニクーパー。勧めたのは漫画家で友人の藤島康介。[編集]特色声優としてのキャリアは豊富であり、爽やかな好青年から不良少年、オカマキャラやさえないオヤジまで、ギャグ系もシリアス系もこなす。『おはスタ』関連や小学館プロダクションの作品には度々出演しており、特に前者ではひきだしあけお、あき、あける、ボタコのようなマスコット的キャラクターの他、本人が『コロッケ!』のプリンプリンの被り物やコスプレをして出演したこともある。[編集]エピソード自他共に認めるヨゴレ声優。その名が示すように、ラジオ番組等における異様な勢いとそれに任せた下品なトークが持ち味でもある。女性声優の前で堂々と(そして嬉々として)下ネタを振ることも多々あり、特に最近ではパチンコ攻略真澄や中原麻衣、福井裕佳梨を相手にした時にそれが激しくなる傾向にある。自分では下ネタ声優No.3だと考えている。「No.1は小野坂昌也、No.2はクレジットカード現金化 比較智一。あの二人は女性器名称をどんな現場でもストレートに平気で言うけど、さすがに俺は、そこまで言わない」と、『超機動放送アニゲマスター』におたっきぃ佐々木の代打パーソナリティー兼ゲストとして出演した際、岩田本人の口から語られている。また、自分を追いかけている声優として石川英郎、谷山紀章の名をラジオで挙げ、最近飛び抜けている逸材として浪川大輔を挙げており、彼については「格好付けずに楽になればいいのに」と発言している[4]。高い支持を持つアニメ作品『AKIRA』の主人公・パチンコ攻略を演じた事は彼の声優としての活動において最も特筆すべきキャリアのひとつだが、ラジオでリスナー
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。