スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペトロー・モヒーラ

ペトロー・モヒーラ家系モヒーラ家紋章称号キエフ、ハルィーチおよび全ルーシの府主教両親シメオン・モヒーラ出生1596年12月21日生地スチャヴァ、モルダヴィア死去1647年12月22日没地キエフ、ウクライナペトロー・モヒーラ(ウクライナ語:現金化口コミМогила、モルドバ語:PetruMovilă;1596年12月21日‐1647年12月22日)は、モルダヴィア公国の貴族、ポーランド・リトアニア共和国の政治家・聖職者。ロシア語表記(ПётрМоги́ла)からピョートル・モギラとも転写される[1]。少年時代は軍人としてオスマン帝国との1620年のツェツォラの戦い、1621年のホティンの戦いにおいて功名を立てた。しかし修道への希望を持つようになり、1625年にキエフ洞窟大修道院で剪髪(せんぱつ)[2]を受けた。1627年に同大修道院の掌院となり、パチンコ攻略における正教会の復興と改革に務めた。1632年にイエズス会のカレッジをモデルにキエフ・モヒーラ・カレッジを創立し、同年にキエフ洞窟大修道院において正教関係文献の出版を開始し、1629年に聖体礼儀の改革を行った。1633年にキエフ、ハルィーチおよび全ルーシの府主教ならびコンスタンディヌーポリ総主教の総主教代理となり、キエフの聖ソフィア大聖堂を府主教座にした。その後、キエフ大公国時代の教会を多く復興させ、1642年に新たな正教要理を定めた。ウクライナ正教会、ルーマニア正教会、クレジットカード現金化正教会では聖人として崇敬されている。[編集]脚注^[1],[2](PDF),[3]^修道請願をして修道士となることを、その際に髪を切ることから正教会では「剪髪」という。[編集]参考文献(日本語)『ポーランド・ウクライナ・バルト史』/伊東孝之,井内敏夫,中井アイフォーンにまつわる.山川出版社,1998.12.(新版世界各国史 ;20)[編集]外部リンクウィキメディア・コモンズには、ペトロー・モヒーラに関連するマルチメディアがあります。«Требник»ПетраМогили1646року(факсимільневидання)「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%A9」より作成カテゴリ:ウクライナ正教会|ウクライナの人物|モルドバの人物|正教会の聖人|キエフ府主教
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。