スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒田容疑者逮捕で吉本興業「事実を確認中」(産経新聞)

 大阪・ミナミのガールズバーで料金の支払いをめぐってトラブルになり、男性店長(23)を殴って重傷を負わせたとして、傷害の疑いで逮捕された、吉本興業所属の人気漫才コンビ「メッセンジャー」の黒田有(たもつ)容疑者(39)について、吉本興業広報部は「傷害容疑で逮捕されたのは事実。ただ、詳細を確認中で現時点ではコメントを出す状況ではありません。事実を確認次第、すみやかに報告いたします」とコメントした。

 メッセンジャーは平成3年結成。関西を中心に、漫才やテレビで活躍しており、18年には上方お笑い大賞を受賞している。

 大阪府警南署によると、逮捕容疑は26日午前0時ごろ、大阪市中央区宗右衛門町のガールズバーで、料金の支払いをめぐり店側とトラブルになり、店長に殴るけるの暴行を加え、顔の骨を折る重傷を負わせたとしている。同署などによると、黒田容疑者は前日の午後9時ごろ友人3人と来店。店を出る際、約25万円を請求され、トラブルになった。かなり酒に酔っており、同署員が駆けつけたときは近くの別のバーにいたという。

 ガールズバーと同じビルの飲食店で働く女性店員(19)は「暴れる黒田さんを別の男性が止めていた。酔っぱらってフラフラしながら周囲に『何やコラ』などと怒鳴っていた」と話した。

【関連記事】
「メッセンジャー」黒田容疑者 ガールズバー店長殴った疑いで逮捕
黒田容疑者 MBSラジオは出演者変更
黒田容疑者司会の特番、急遽取り止め 関西テレビ
元傭兵、テレンス・リーさん殴られ重傷 男を逮捕
テレンス・リー独占激白、正当防衛できなかった本当のワケ

まさゆきのブログ
英語で日本のニュースを読む
クレジットカード現金化 即日
ライブチャット
出会いランキング
スポンサーサイト

<国民栄誉賞>故森繁久弥さんに贈る 首相官邸で表彰式(毎日新聞)

 俳優の故森繁久弥さんに対する国民栄誉賞の表彰式が22日、首相官邸であった。鳩山由紀夫首相は「長年にわたり第一線で活躍をされ、広く国民に愛され、夢と希望と潤いを与えた」と業績をたたえ、森繁さんの次男、建さん(67)に盾と記念品を贈った。国民栄誉賞は今年7月に受賞した女優の森光子さん(89)に次いで18人目。

 式には建さんをはじめ、森繁さんの孫やひ孫ら計10人が出席した。森繁さんの背広を着て臨んだ建さんは終了後、記者団に「父が亡くなって悲しんでいる時に明るいニュースをいただき、父もとても喜んでいると思う」と語った。【福田智沙】

【関連ニュース】
変わり羽子板:「今年の顔」に石川遼選手ら13人 東京
国民栄誉賞:森繁久弥さんを検討 平野官房長官
発信箱:森繁さんの貴著=広岩近広(編集局)
森繁久弥さん死去:小泉元首相ら多数参列し告別式 東京
森繁久弥さん死去:会見で次男「裏表なくさっぱりした人」

検索ロボ
けんじのブログ
出会いランキング
債務整理・自己破産
クレジットカード現金化

民主・横峯参院議員、宮崎県連の所属に(読売新聞)

 民主党の横峯良郎参院議員(49)(比例)が来年1月から党宮崎県連の所属となることが分かった。26日の県連幹事会で報告された。

 横峯議員は宮崎市を活動の拠点としている女子プロゴルファー・横峯さくらさんの父で、同党沖縄県連に所属。宮崎県連へ移ることを希望しており、党本部が認めたという。

グルジア語で日本のニュースを読む
よっちゃんいか
出会いランキング
ライブチャット
ネイルサロン

<比女性殺害>被告に無期懲役判決 東京地裁(毎日新聞)

<比女性殺害>被告に無期懲役判決 東京地裁(毎日新聞)

 99年に横浜市、08年に東京・台場でフィリピン人女性各1人を殺害し、遺体を切断したとして殺人や死体損壊などの罪に問われた無職、野崎浩被告(50)に対し、東京地裁は16日、台場の事件で無期懲役(求刑・死刑)、横浜の事件で懲役14年(同・無期懲役)の判決を言い渡した。登石郁朗裁判長は「せい惨かつ非人間的な所業だが、他の死刑確定事案と比較すると利欲的とも残虐とも言えない」と述べた。

 横浜の事件を巡り死体損壊・遺棄罪で00年に懲役3年6月の実刑判決が確定しており、複数の罪を併せて刑を科す「併合罪」は適用できないため事件ごとに刑が言い渡された。

 野崎被告は公判で、台場の事件は起訴内容を認めたが、横浜の事件については初公判で認めたものの第3回公判で否認に転じ、第5回公判で再び認めた。

 弁護側は横浜の事件について「自白に信用性がない」と無罪を主張したが、判決は「自白は具体的で、被告の車から人骨が発見されるなど補強証拠もある」と退けた。両事件の動機については「交際女性に利用されていると思い込み憎悪を募らせた」と述べた。

 判決によると、野崎被告は08年、台場の自宅マンションで飲食店従業員、カミオオサワ・ハニーフィット・ラティリアさん(当時22歳)を絞殺し、遺体を切断して運河などに投棄。99年には横浜市で飲食店従業員、ヨネダ・ロンガキット・エルダさん(同27歳)の首に布団を押しつけ殺害した。【安高晋】

プロレス魂
猫研究室
出会いランキング
ネイルサロン
クレジットカード現金化 比較

柿田川でアユの産卵がピーク(産経新聞)

柿田川でアユの産卵がピーク(産経新聞)

 静岡県清水町の柿田川で、アユの産卵がピークを迎えている。雌アユが川底の小石の間に産み付けた卵に雄アユが群がる様子が来年2月ごろまで観察できる。

 柿田川へ遡上(そじょう)するアユは、平成7年に駿河湾のシラス漁で稚魚が混獲された影響で激減したが、漁業者らの協力で徐々に回復しているという。

【関連記事】
最大の淡水魚イトウを守れ! 北海道の製紙会社が社有林に保護区
アカウミガメ危機、絶滅も 日本の開発も脅威
サケの遡上、神奈川で相次ぐ 潮流変化が影響!?
テムズ川のサケ生還たった3匹 下水問題の解決を
ごっそり乱獲でげっそり 日本海クロマグロ小型化

My First JUGEM!
ごみの出し方
2ショットチャット
クレジットカード現金化
債務整理・自己破産

<男性遺体>用水路で84歳、除雪中に転落か 秋田(毎日新聞)

<男性遺体>用水路で84歳、除雪中に転落か 秋田(毎日新聞)

 16日午前11時半ごろ、秋田県美郷町飯詰南谷地、無職、藤田順一さん(84)が、自宅から約800メートル離れた用水路で流されているのを近所の人が発見、消防隊などが救出したが、すでに死亡していた。

 県警大仙署の調べでは、藤田さん方前の流雪溝(幅90センチ、深さ1メートル)のふた(45センチ四方)2枚が開いており、近くに除雪具が落ちていた。流雪溝には深さ30~50センチの水が流れており、藤田さんが除雪中に落ちて流されたのではないかとみている。【坂本太郎】

真鶴ポイント
レノボX60
2ショットチャット
競馬情報
ライブチャット

<NTTドコモ>携帯電話の一部で通信障害 15日早朝に(毎日新聞)

<NTTドコモ>携帯電話の一部で通信障害 15日早朝に(毎日新聞)

 NTTドコモは15日、同日午前4時1分から午前8時36分の間、携帯電話の一部サービスが使えない通信障害が発生したと発表した。全国約1000万人の利用者に影響が出たと推定している。

 東京都内の交換機の故障が原因で、mova(ムーバ)端末などから電話番号をあて先にして送られた「ショートメッセージサービス」が全国的に着信できなかったり、東日本エリアで留守番電話サービスの録音・再生ができないなどの障害が起きた。

【関連ニュース】
ドコモ:携帯電話、都内で一時音声不通に
NTTドコモ:巨大3D広告登場 大阪・道頓堀
マルチメディア放送:ドコモ、KDDIなど参入に意欲
携帯電話:価格帯、機能がより多彩に ドコモとSB新商品
注目リリース:レベルファイブ、ドコモ携帯向けゲーム「レイトン教授と悪魔の箱」を配信

ココログ
スペイン語だけで旅をしたい!
競馬情報
ライブチャット
出会いランキング

破邪巨星Gダンガイオー

『破邪巨星Gダンガイオー』(はじゃきょせいグレートダンガイオー)は、2001年4月5日から同年7月5日までテレビ朝日で全13話が放送された、AIC製作のロボットアニメ。概要本作放送当初は、タイトルからシリーズ作品である事を思わせるOVA『破邪大星ダンガイオー』との関連性が不明であったが、終盤において世界観を引き継いだ「続編」である事が判明する。本来は全26話で企画されていたものが、諸般の事情により前半13話のみが制作された。反響次第で後半13話を制作する予定であったが、2008年現在も制作はされていない。そのためストーリーは未完となっている。監督である平野俊貴はイベント等で「『ダンガイオー』と名の付く作品は完結しない星の下にある気がする」とコメントしていた(前作『破邪大星ダンガイオー』も未完の作品)[1]。ストーリーある日、九州近海に浮かぶ「双神島」に、宇宙から謎の物体が飛来。凄まじい衝撃と爆風を発生させ、島を壊滅状態に陥れた。その惨劇から十数年。双神島に白き要塞が建造されていた。その名は「新未来創世機関アヴァルダ」。宇宙からの侵略者に対抗するために、謎の「財団」が創りあげた超科学研究組織である。そして、アヴァルダが完成させた巨大ロボット「ダンガイオー(弾劾凰)」こそ、地球防衛の最大の切り札であった。宇宙からもたらされた超科学によって無敵の強さを発揮するダンガイオー。しかし、その敵は宇宙からの侵略者だけではない。超科学の秘密を欲する大国、更には、かつて財団から離反し超科学を悪用する者たちまでもが、アヴァルダに牙をむいて襲いかかる。四方八方の侵略者から地球を守るため、ダンガイオーはいつ果てるとも知れぬ戦いへとその身を投じるのだった。スタッフ企画:赤羽根徳則(小学館プロダクション)、三浦 亨(AIC)、長澤隆之(エイベックス)原作・監督:平野俊貴シリーズ構成:植竹須美男キャラクターデザイン:山田正樹総作画監督:高岡淳一、山田正樹メカニックデザイン:小川浩、村田護郎メカ・美術設定:寺岡賢司メカ総作画監督:鴨川浩、橋本敬史、西井正典美術監修:加藤浩美術監督:佐藤勝美術設定:平澤晃弘色彩設計:中山久美子音楽:渡辺俊幸音楽プロデューサー:長澤隆之(avex mode)音響監督:亀山俊樹制作プロデューサー:渡辺欽哉(AIC)、松嵜義之(AIC)プロデューサー:浅井祐一(テレビ朝日)、日高功(小学館プロダクション)、井上博明(AIC)、頼経康史(エイベックス)アニメーション制作:AIC製作:テレビ朝日、小学館プロダクション、AIC、エイベックス主題歌OP「Fighting chance」(作詞:海老根祐子、作曲:辻陽、編曲:安藤高弘、歌:たかはしごう) 当初は水木一郎が歌う予定になっていたが、直前になってたかはしごうへと変更された(理由は不明)。ED「きみのために愛を」(作詞:海老根祐子、作曲・編曲:辻陽、歌:山形カスミ(水野愛日))登場人物・声の出演天城空也:鈴木千尋主人公。ダンガイオーB及びダンガイオーのメインパイロット。15歳。翔凰学園1年C組。本来、パイロット候補であった尊敬する亡き兄 進の意志を継ぎ、弾劾凰のパイロットとなる。性格は気弱で大人しく優柔不断の為、アヴァルタの女性陣のオモチャにされているが、戦闘の際には強い意志と熱血ぶりを見せる。海潮真波に想いを寄せ、地堂仁美には想いを寄せられるも、女性には全くの奥手である為、進展は中々見られない。海潮真波:川澄綾子ダンガイオーFのパイロット。15歳。翔凰学園1年A組。記憶力と分析力に優れた天才少女で情報分析を担当。物静かで儚げな雰囲気を持つが、その芯には空也も驚く程の秘めた強さを持つ。空也には想いを寄せられているが彼女自身は別に想う人がおり、彼女は自身の命すらもその人物の為に懸けている。地堂仁美:浅野真澄ダンガイオーXのパイロット。15歳。翔凰学園1年D組。 熱血、闘魂、勝利を信条とする男勝りの格闘娘。気が強くて思ったことをずけずけ言う性格。最初は頼りない空也を軽視していたが、次第に彼の別な一面を知り、次第に心惹かれていく。空也の真波に対する想いにも気付き、その胸中には複雑な思いが去来する。与那嶺軍司:青野武40歳。アヴァルダの総司令にして、弾劾計画の主任で弾劾凰の開発者でもある。ロボット工学の権威。紳士的な外見とは裏腹に、厳格かつ剛直な性格であり、勝利のためには非情な決断を下す事もしばしば。彼が二人の少女の存在を知った時からその計画は始まった。色谷美也:篠原恵美30歳。アヴァルダの副司令。 弾劾凰の設計者にして美貌の女科学者。高度なエスパーとしての資質があり、超常学の権威でもある。十数年前から精神感応でミア・アリスのメッセージを受け続け、弾劾凰を設計。弾劾計画立案のきっかけを作った。風巻千里/風巻千帆:勝生真沙子25歳。アヴァルダの医療担当の総責任者。メガネをかけ、白衣の下にボディコン服。メンバーのカウンセリング等も受け付けながら、ウブなメンバー(主に空也)をからかって楽しんでいる。実は元ヤンキー。島龍子:雪野五月アヴァルダの広報担当。珠原鏡子:三浦七緒子アヴァルダ司令室のオペレーター。山形カスミ:水野愛日ダンガイオーパイロット候補生。空也に好意を抱いているが、内気な性格のせいか、なかなか告白できずにいる。月代カオリ:山本麻里安11歳。アヴァルタに寝泊りする少女で、エスパーの素質を持っている。色谷のサポート役であり、ダンガイオーパイロット補欠要員でもある。いつもタロット占いをしている。空也の事を「お兄ちゃん」と呼び慕っている。後半の重要キャラだったらしく、伏線が張られていたが、前半13話で打ち切られたため、伏線が回収されないまま終了した。森梢:伊藤舞子メンテナンス要員。ロムリン:雪野五月サポート用の小型ロボットどこから送り込まれたのか不明火島弾正:加藤精三与那嶺と並ぶ弾劾計画の立案者の一人。しかし、彼が主張していた弾劾凰の無人機論は論戦に敗れ、組織を追放される。彼はその後、雪辱のために強力なロボット軍団を作り上げ、世界の浄化に乗り出した。プロトタイプ弾劾凰を作り上げるほどの天才ではあるが、そのヒネ媚まくった性格故に人には全く好かれなかった。天城進/ダンガイオーUr:神谷明空也の兄。故人。プロトタイプダンガイオーのテストパイロットであり、正規のパイロット候補でもあったが、起動テスト中の事故で機体と共に爆死亡した。その後、彼の脳はダンガイオーUrに移植される。空也の回想においては、地球を守る強い意志を持ち、弟思いの優しい兄と描写されていたが、ダンガイオーUrとして復活した際には空也を見下し、一切の手加減なしで攻撃し続けた。やはり、前半13話で打ち切られた為、誰が何の目的で、進をダンガイオーUrとして蘇らせたのかは謎のまま解明されていない。零戦暁児:関智一謎の少年。時折戦場に現れ戦況を見守る。全てを知る者であり、彼こそが弾劾計画を完了させるカギとなる。その正体はGダンガイオーのパイロット。与那嶺は孤児達をGダンガイオー用の完全な戦闘マシンとして育て上げた、その完成形が彼である[1]。普段はクールだが、戦闘の際は勇ましい掛け声を響かせる。また、他者を見下した言動を吐く。真波とは旧知の間柄。ミア・アリス:荘真由美前作『破邪大星ダンガイオー』の主人公。人間兵器に改造されてしまったエスパー少女で、前作ラストにおけるバンカーとの死闘の末に仮死状態のまま宇宙を放浪し、故郷である地球に辿り着いた。彼女自身は眠りながらもテレパシーで宇宙海賊バンカーの脅威を訴え続け、それを感応する美也と、与那嶺によって地球製弾劾凰開発は始まった。登場メカダンガイオー(弾劾凰)ダンガイオーは弾劾ナンバーズと呼ばれる三体の人型ロボット(ダンガイオーB、ダンガイオーF、ダンガイオーX)が合体して生まれる巨大ロボット。操縦は天城空也が担当する。ミア・アリスのメッセージを受けた与那嶺軍司、色谷美也が開発した。合体、分離による高速機動戦を得意とし、陸、海、空など様々な空間での局地戦が可能であるが、パイロットにかかる肉体的精神的負担は凄まじく、長時間の戦闘は生命に関わる事となる。機体の約三割が解析不能のパーツで構成されており、二人の博士とてその全容を完全に把握しきれてはいない。必殺技は、バーニングブロウ、ダンガイブレード、フレイムアロー、クロストルネード、ストリームブラスター、バーニングプレッシャー、ダブルバーニングクラッシュ、ダブルバーニングブロウ、バーニングクロススラッシャー。カラーリングやデザインなどから、初代ダンガイオーよりもマジンガーZに近いデザインになっており、一部武装の発射場所もオマージュされている。プロトタイプであるダンガイオーUrや後継機のGダンガイオーと異なり、単独飛行は出来ない(腰のブースターで短時間なら飛べる)。だが、オマージュ先であるマジンガーZと異なり、対空戦でも対外はバーニングブロウ(ロケットパンチ)で叩き落しており、特に対策は講じられていない。ダンガイオーB(バースト)天城空也が操縦。射撃戦用。ダンガイオーの頭部および両腕になる。そのほとんどは弾劾凰のブラックボックス部分で形成されている。ダンガイオーF(フレイル)海潮真波が操縦。電子戦用。ダンガイオーの胴体になる。情報収集と分析及び、攪乱を担当する弾劾凰の頭脳。ダンガイオーX(クロス)地堂仁美が操縦。格闘戦用。ダンガイオーの両脚になる。重装甲と高出力を誇る弾劾凰のメインエンジン。ダンガイオーUrダンガイオーUr(ウル)とは、火島弾正が開発した人型ロボットでダンガイオーのプロトタイプ。ダンガイオーとの最大の相違点は、パイロット操縦型ではなくロボットに人間の脳を直接移植したものである点(つまり巨大なサイボーグである)。作中では事故で死んだ天城空也の兄、天城進の脳が移植されていた。完成型であるダンガイオーと異なり、「ゴッドウイング」と言う収納式の翼で空を飛ぶ事が出来る。なお、回想におけるダンガイオーUrにはコクピットがあり、恐らくはテスト用に増設された物と思われる。必殺技は、ディストーションパンチ、デスフレイム、ハイドロイレイザー、ゼロキャリバー、ダンガイビーム、ダブルカッターブーメラン、ロッドミサイル、カウンターシャーク、テレポーテーションイレイザー、キャリバー斬、ゴッドトルネード、キラーマイト、バニッシュブリザード。圧倒的な強さでダンガイオーを、中枢である脳が兄の物である事が空也を苦しめる。武器は全て担当声優である神谷明が過去に主人公を演じた、スーパーロボットの武器のパロディ。また、外見は白いカラーリングや頭部デザインなどから、初代ダンガイオーに近い外見になっている(ただし、スマートだった初代と異なり、ガッシリした体格をしている)。最期は迷いを振り切った空也達のダンガイオーの最終兵器「ストリームブラスター」を受けて消滅する。因みに劇中登場する3体のダンガイオーの中で唯一、白いカラーリングである(他は其々、マジンガーZとグレートマジンガーをオマージュして黒中心のカラーリングである)。作中、宇宙からの敵とも戦ったが、周囲の被害を気にせず大技を使い続け市街地を壊滅させた。また、次第に攻撃の反動に耐え切れず、ダメージを受けている事がわかっている。G(グレート)ダンガイオー最終話「無敵!G弾劾凰発進!!」で登場。パイロットは零戦暁児。ダンガイオーと異なり操縦は一人で行う(ただし、零戦が自己紹介で「メインパイロット」と発言しており、登場していないだけでサブパイロットが居る可能性もある)。本作のメインタイトルにもなっているロボット。ダンガイオーUrとの戦いに辛くも勝利したダンガイオーの前に、三体の宇宙よりの敵が現れる。相打ち覚悟でそのうちの一体を倒したダンガイオーだったが、残りの二体に対しては成すすべもなくやられる寸前だった。そのとき突然登場したのがこのGダンガイオーある。残りの2体を圧倒的な力で倒したGダンガイオーのパイロット、零戦は空也に言葉を残し、そのままいずこかへと去っていくのであった(オンエアとDVD収録ではこの際の零戦の台詞は異なる)。ダンガイオーではオミットされていた飛行能力を持ち、収納式のウイング「フェニックスダッシュ」で空を飛ぶ(翼が赤く発光していることから、フェニックスダッシュはエネルギーウイングとも言われている)。必殺技は、シャイニングブロウ、マグニックウェーブ、アトミックバーン、破邪聖剣ダンガイブレード、弾劾紅蓮斬[1]。また、名称不明だが胸の装飾をブーメランにする事もできる。上記にあるように、前半13話で打ち切られた為、使っていないだけでまだ武器が存在する可能性もある。なお、ダンガイブレードはダンガイオーではビーム剣だったが、此方はGダンガイオーサイズの超巨大な日本刀である。その登場シーケンスは、映画『マジンガーZ対暗黒大将軍』におけるマジンガーZを救援すべく登場するグレートマジンガーの登場シーン、登場後の戦闘はTV版『マジンガーZ』最終回のオマージュである[1]が、本家マジンガーと異なるのは、Gのパイロットがダンガイオーを見下しているという点である。また、登場回が最終回であるため、全く伏線が回収されないままの状態となってしまい、本放送時は明け方に観ていた視聴者を唖然とさせた。 監督によれば、本来はグレートダンガイオーは最後の敵となり、主人公達と対峙する予定であったとのこと[1]。放送リスト決戦(煉獄獣チェルバロ、煉獄獣カロン、煉獄獣プルート、煉獄獣アルピオ、飛行要塞コキュートス)踊る大要塞(要塞巨人テュポーン、鳥ロボ)強襲!三大砂漠魔人!?(強嵐魔人アッバース、火焔魔人アケメデス、熱砂魔人ティムル)檻の中の砦(アヴァルダ)(破壊機王ビルドレンジャー)天空の悪魔(集光有翼兵ナイトストーク)海王咆吼(海魔巨兵シーザスG)洋上の七変化!大乱舞!大沈没!(変型巨艦ダイダロスXV世)魔天よりの流星(探査機甲獣ゲルフォ)奇襲!影の刃!!(ガマロボヒキオー、忍者ロボ暗黒天&大暗黒天)偉大なる戦士(戦士ブラック・エルク、探査機甲獣ゾルフォA?C)復活せし過去(モノ)(弾劾凰ウル)Ur(ウル)の脅威(弾劾凰ウル、探査機甲獣ゾルフォ(8体))無敵!G弾劾凰発進!!(弾劾凰ウル、G・弾劾凰、星機士バババルバ、星機士ブチャール、星機士イノキルゴ)関連商品破邪巨星Gダンガイオー (DVD全6巻)破邪巨星Gダンガイオー サウンドディメンジョン(サントラCD)破邪巨星Gダンガイオー デスクトップアクセサリ(Windows)破邪巨星Gダンガイオー 記録全集 (ムック本):キャスト・スタッフインタビュー等が収録されている。関連項目破邪大星ダンガイオーテレビ朝日系アニメ深夜アニメ一覧注釈^ a b c d e 小学館プロダクション刊 『破邪巨星Gダンガイオー記録全集』より外部リンクAIC内公式監督・作画監督・制作スタッフ動画インタビュー 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%B4%E9%82%AA%E5%B7%A8%E6%98%9FG%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%BC」より作成カテゴリ: アニメ作品 は | AIC | テレビ朝日の深夜アニメ | ロボットアニメ | 2001年のテレビアニメ『破邪巨星Gダンガイオー』(はじゃきょせいグレートダンガイオー)は、2001年4月5日から同年7月5日までテレビ朝日で全13話が放送された、AIC製作のロボットアニメ。概要本作放送当初は、タイトルからシリーズ作品である事を思わせるOVA『破邪大星ダンガイオー』との関連性が不明であったが、終盤において世界観を引き継いだ「続編」である事が判明する。本来は全26話で企画されていたものが、諸般の事情により前半13話のみが制作された。反響次第で後半13話を制作する予定であったが、2008年現在も制作はされていない。そのためストーリーは未完となっている。監督である平野俊貴はイベント等で「『ダンガイオー』と名の付く作品は完結しない星の下にある気がする」とコメントしていた(前作『破邪大星ダンガイオー』も未完の作品)[1]。ストーリーある日、九州近海に浮かぶ「双神島」に、宇宙から謎の物体が飛来。凄まじい衝撃と爆風を発生させ、島を壊滅状態に陥れた。その惨劇から十数年。双神島に白き要塞が建造されていた。その名は「新未来創世機関アヴァルダ」。宇宙からの侵略者に対抗するために、謎の「財団」が創りあげた超科学研究組織である。そして、アヴァルダが完成させた巨大ロボット「ダンガイオー(弾劾凰)」こそ、地球防衛の最大の切り札であった。宇宙からもたらされた超科学によって無敵の強さを発揮するダンガイオー。しかし、その敵は宇宙からの侵略者だけではない。超科学の秘密を欲する大国、更には、かつて財団から離反し超科学を悪用する者たちまでもが、アヴァルダに牙をむいて襲いかかる。四方八方の侵略者から地球を守るため、ダンガイオーはいつ果てるとも知れぬ戦いへとその身を投じるのだった。スタッフ企画:赤羽根徳則(小学館プロダクション)、三浦 亨(AIC)、長澤隆之(エイベックス)原作・監督:平野俊貴シリーズ構成:植竹須美男キャラクターデザイン:山田正樹総作画監督:高岡淳一、山田正樹メカニックデザイン:小川浩、村田護郎メカ・美術設定:寺岡賢司メカ総作画監督:鴨川浩、橋本敬史、西井正典美術監修:加藤浩美術監督:佐藤勝美術設定:平澤晃弘色彩設計:中山久美子音楽:渡辺俊幸音楽プロデューサー:長澤隆之(avex mode)音響監督:亀山俊樹制作プロデューサー:渡辺欽哉(AIC)、松嵜義之(AIC)プロデューサー:浅井祐一(テレビ朝日)、日高功(小学館プロダクション)、井上博明(AIC)、頼経康史(エイベックス)アニメーション制作:AIC製作:テレビ朝日、小学館プロダクション、AIC、エイベックス主題歌OP「Fighting chance」(作詞:海老根祐子、作曲:辻陽、編曲:安藤高弘、歌:たかはしごう) 当初は水木一郎が歌う予定になっていたが、直前になってたかはしごうへと変更された(理由は不明)。ED「きみのために愛を」(作詞:海老根祐子、作曲・編曲:辻陽、歌:山形カスミ(水野愛日))登場人物・声の出演天城空也:鈴木千尋主人公。ダンガイオーB及びダンガイオーのメインパイロット。15歳。翔凰学園1年C組。本来、パイロット候補であった尊敬する亡き兄 進の意志を継ぎ、弾劾凰のパイロットとなる。性格は気弱で大人しく優柔不断の為、アヴァルタの女性陣のオモチャにされているが、戦闘の際には強い意志と熱血ぶりを見せる。海潮真波に想いを寄せ、地堂仁美には想いを寄せられるも、女性には全くの奥手である為、進展は中々見られない。海潮真波:川澄綾子ダンガイオーFのパイロット。15歳。翔凰学園1年A組。記憶力と分析力に優れた天才少女で情報分析を担当。物静かで儚げな雰囲気を持つが、その芯には空也も驚く程の秘めた強さを持つ。空也には想いを寄せられているが彼女自身は別に想う人がおり、彼女は自身の命すらもその人物の為に懸けている。地堂仁美:浅野真澄ダンガイオーXのパイロット。15歳。翔凰学園1年D組。 熱血、闘魂、勝利を信条とする男勝りの格闘娘。気が強くて思ったことをずけずけ言う性格。最初は頼りない空也を軽視していたが、次第に彼の別な一面を知り、次第に心惹かれていく。空也の真波に対する想いにも気付き、その胸中には複雑な思いが去来する。与那嶺軍司:青野武40歳。アヴァルダの総司令にして、弾劾計画の主任で弾劾凰の開発者でもある。ロボット工学の権威。紳士的な外見とは裏腹に、厳格かつ剛直な性格であり、勝利のためには非情な決断を下す事もしばしば。彼が二人の少女の存在を知った時からその計画は始まった。色谷美也:篠原恵美30歳。アヴァルダの副司令。 弾劾凰の設計者にして美貌の女科学者。高度なエスパーとしての資質があり、超常学の権威でもある。十数年前から精神感応でミア・アリスのメッセージを受け続け、弾劾凰を設計。弾劾計画立案のきっかけを作った。風巻千里/風巻千帆:勝生真沙子25歳。アヴァルダの医療担当の総責任者。メガネをかけ、白衣の下にボディコン服。メンバーのカウンセリング等も受け付けながら、ウブなメンバー(主に空也)をからかって楽しんでいる。実は元ヤンキー。島龍子:雪野五月アヴァルダの広報担当。珠原鏡子:三浦七緒子アヴァルダ司令室のオペレーター。山形カスミ:水野愛日ダンガイオーパイロット候補生。空也に好意を抱いているが、内気な性格のせいか、なかなか告白できずにいる。月代カオリ:山本麻里安11歳。アヴァルタに寝泊りする少女で、エスパーの素質を持っている。色谷のサポート役であり、ダンガイオーパイロット補欠要員でもある。いつもタロット占いをしている。空也の事を「お兄ちゃん」と呼び慕っている。後半の重要キャラだったらしく、伏線が張られていたが、前半13話で打ち切られたため、伏線が回収されないまま終了した。森梢:伊藤舞子メンテナンス要員。ロムリン:雪野五月サポート用の小型ロボットどこから送り込まれたのか不明火島弾正:加藤精三与那嶺と並ぶ弾劾計画の立案者の一人。しかし、彼が主張していた弾劾凰の無人機論は論戦に敗れ、組織を追放される。彼はその後、雪辱のために強力なロボット軍団を作り上げ、世界の浄化に乗り出した。プロトタイプ弾劾凰を作り上げるほどの天才ではあるが、そのヒネ媚まくった性格故に人には全く好かれなかった。天城進/ダンガイオーUr:神谷明空也の兄。故人。プロトタイプダンガイオーのテストパイロットであり、正規のパイロット候補でもあったが、起動テスト中の事故で機体と共に爆死亡した。その後、彼の脳はダンガイオーUrに移植される。空也の回想においては、地球を守る強い意志を持ち、弟思いの優しい兄と描写されていたが、ダンガイオーUrとして復活した際には空也を見下し、一切の手加減なしで攻撃し続けた。やはり、前半13話で打ち切られた為、誰が何の目的で、進をダンガイオーUrとして蘇らせたのかは謎のまま解明されていない。零戦暁児:関智一謎の少年。時折戦場に現れ戦況を見守る。全てを知る者であり、彼こそが弾劾計画を完了させるカギとなる。その正体はGダンガイオーのパイロット。与那嶺は孤児達をGダンガイオー用の完全な戦闘マシンとして育て上げた、その完成形が彼である[1]。普段はクールだが、戦闘の際は勇ましい掛け声を響かせる。また、他者を見下した言動を吐く。真波とは旧知の間柄。ミア・アリス:荘真由美前作『破邪大星ダンガイオー』の主人公。人間兵器に改造されてしまったエスパー少女で、前作ラストにおけるバンカーとの死闘の末に仮死状態のまま宇宙を放浪し、故郷である地球に辿り着いた。彼女自身は眠りながらもテレパシーで宇宙海賊バンカーの脅威を訴え続け、それを感応する美也と、与那嶺によって地球製弾劾凰開発は始まった。登場メカダンガイオー(弾劾凰)ダンガイオーは弾劾ナンバーズと呼ばれる三体の人型ロボット(ダンガイオーB、ダンガイオーF、ダンガイオーX)が合体して生まれる巨大ロボット。操縦は天城空也が担当する。ミア・アリスのメッセージを受けた与那嶺軍司、色谷美也が開発した。合体、分離による高速機動戦を得意とし、陸、海、空など様々な空間での局地戦が可能であるが、パイロットにかかる肉体的精神的負担は凄まじく、長時間の戦闘は生命に関わる事となる。機体の約三割が解析不能のパーツで構成されており、二人の博士とてその全容を完全に把握しきれてはいない。必殺技は、バーニングブロウ、ダンガイブレード、フレイムアロー、クロストルネード、ストリームブラスター、バーニングプレッシャー、ダブルバーニングクラッシュ、ダブルバーニングブロウ、バーニングクロススラッシャー。カラーリングやデザインなどから、初代ダンガイオーよりもマジンガーZに近いデザインになっており、一部武装の発射場所もオマージュされている。プロトタイプであるダンガイオーUrや後継機のGダンガイオーと異なり、単独飛行は出来ない(腰のブースターで短時間なら飛べる)。だが、オマージュ先であるマジンガーZと異なり、対空戦でも対外はバーニングブロウ(ロケットパンチ)で叩き落しており、特に対策は講じられていない。ダンガイオーB(バースト)天城空也が操縦。射撃戦用。ダンガイオーの頭部および両腕になる。そのほとんどは弾劾凰のブラックボックス部分で形成されている。ダンガイオーF(フレイル)海潮真波が操縦。電子戦用。ダンガイオーの胴体になる。情報収集と分析及び、攪乱を担当する弾劾凰の頭脳。ダンガイオーX(クロス)地堂仁美が操縦。格闘戦用。ダンガイオーの両脚になる。重装甲と高出力を誇る弾劾凰のメインエンジン。ダンガイオーUrダンガイオーUr(ウル)とは、火島弾正が開発した人型ロボットでダンガイオーのプロトタイプ。ダンガイオーとの最大の相違点は、パイロット操縦型ではなくロボットに人間の脳を直接移植したものである点(つまり巨大なサイボーグである)。作中では事故で死んだ天城空也の兄、天城進の脳が移植されていた。完成型であるダンガイオーと異なり、「ゴッドウイング」と言う収納式の翼で空を飛ぶ事が出来る。なお、回想におけるダンガイオーUrにはコクピットがあり、恐らくはテスト用に増設された物と思われる。必殺技は、ディストーションパンチ、デスフレイム、ハイドロイレイザー、ゼロキャリバー、ダンガイビーム、ダブルカッターブーメラン、ロッドミサイル、カウンターシャーク、テレポーテーションイレイザー、キャリバー斬、ゴッドトルネード、キラーマイト、バニッシュブリザード。圧倒的な強さでダンガイオーを、中枢である脳が兄の物である事が空也を苦しめる。武器は全て担当声優である神谷明が過去に主人公を演じた、スーパーロボットの武器のパロディ。また、外見は白いカラーリングや頭部デザインなどから、初代ダンガイオーに近い外見になっている(ただし、スマートだった初代と異なり、ガッシリした体格をしている)。最期は迷いを振り切った空也達のダンガイオーの最終兵器「ストリームブラスター」を受けて消滅する。因みに劇中登場する3体のダンガイオーの中で唯一、白いカラーリングである(他は其々、マジンガーZとグレートマジンガーをオマージュして黒中心のカラーリングである)。作中、宇宙からの敵とも戦ったが、周囲の被害を気にせず大技を使い続け市街地を壊滅させた。また、次第に攻撃の反動に耐え切れず、ダメージを受けている事がわかっている。G(グレート)ダンガイオー最終話「無敵!G弾劾凰発進!!」で登場。パイロットは零戦暁児。ダンガイオーと異なり操縦は一人で行う(ただし、零戦が自己紹介で「メインパイロット」と発言しており、登場していないだけでサブパイロットが居る可能性もある)。本作のメインタイトルにもなっているロボット。ダンガイオーUrとの戦いに辛くも勝利したダンガイオーの前に、三体の宇宙よりの敵が現れる。相打ち覚悟でそのうちの一体を倒したダンガイオーだったが、残りの二体に対しては成すすべもなくやられる寸前だった。そのとき突然登場したのがこのGダンガイオーある。残りの2体を圧倒的な力で倒したGダンガイオーのパイロット、零戦は空也に言葉を残し、そのままいずこかへと去っていくのであった(オンエアとDVD収録ではこの際の零戦の台詞は異なる)。ダンガイオーではオミットされていた飛行能力を持ち、収納式のウイング「フェニックスダッシュ」で空を飛ぶ(翼が赤く発光していることから、フェニックスダッシュはエネルギーウイングとも言われている)。必殺技は、シャイニングブロウ、マグニックウェーブ、アトミックバーン、破邪聖剣ダンガイブレード、弾劾紅蓮斬[1]。また、名称不明だが胸の装飾をブーメランにする事もできる。上記にあるように、前半13話で打ち切られた為、使っていないだけでまだ武器が存在する可能性もある。なお、ダンガイブレードはダンガイオーではビーム剣だったが、此方はGダンガイオーサイズの超巨大な日本刀である。その登場シーケンスは、映画『マジンガーZ対暗黒大将軍』におけるマジンガーZを救援すべく登場するグレートマジンガーの登場シーン、登場後の戦闘はTV版『マジンガーZ』最終回のオマージュである[1]が、本家マジンガーと異なるのは、Gのパイロットがダンガイオーを見下しているという点である。また、登場回が最終回であるため、全く伏線が回収されないままの状態となってしまい、本放送時は明け方に観ていた視聴者を唖然とさせた。 監督によれば、本来はグレートダンガイオーは最後の敵となり、主人公達と対峙する予定であったとのこと[1]。放送リスト決戦(煉獄獣チェルバロ、煉獄獣カロン、煉獄獣プルート、煉獄獣アルピオ、飛行要塞コキュートス)踊る大要塞(要塞巨人テュポーン、鳥ロボ)強襲!三大砂漠魔人!?(強嵐魔人アッバース、火焔魔人アケメデス、熱砂魔人ティムル)檻の中の砦(アヴァルダ)(破壊機王ビルドレンジャー)天空の悪魔(集光有翼兵ナイトストーク)海王咆吼(海魔巨兵シーザスG)洋上の七変化!大乱舞!大沈没!(変型巨艦ダイダロスXV世)魔天よりの流星(探査機甲獣ゲルフォ)奇襲!影の刃!!(ガマロボヒキオー、忍者ロボ暗黒天&大暗黒天)偉大なる戦士(戦士ブラック・エルク、探査機甲獣ゾルフォA?C)復活せし過去(モノ)(弾劾凰ウル)Ur(ウル)の脅威(弾劾凰ウル、探査機甲獣ゾルフォ(8体))無敵!G弾劾凰発進!!(弾劾凰ウル、G・弾劾凰、星機士バババルバ、星機士ブチャール、星機士イノキルゴ)関連商品破邪巨星Gダンガイオー (DVD全6巻)破邪巨星Gダンガイオー サウンドディメンジョン(サントラCD)破邪巨星Gダンガイオー デスクトップアクセサリ(Windows)破邪巨星Gダンガイオー 記録全集 (ムック本):キャスト・スタッフインタビュー等が収録されている。関連項目破邪大星ダンガイオーテレビ朝日系アニメ深夜アニメ一覧注釈^ a b c d e 小学館プロダクション刊 『破邪巨星Gダンガイオー記録全集』より外部リンクAIC内公式監督・作画監督・制作スタッフ動画インタビュー 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%B4%E9%82%AA%E5%B7%A8%E6%98%9FG%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%BC」より作成カテゴリ: アニメ作品 は | AIC | テレビ朝日の深夜アニメ | ロボットアニメ | 2001年のテレビアニメ

太陽と月の話
通信系のニュース
債務整理・自己破産
クレジットカード現金化 比較
2ショットチャット

サラ・マイアー

サラ・マイアー(ドイツ語: Sarah Meier, 1984年5月4日 - )は、スイスのフィギュアスケート選手(女子シングル)。ソルトレイク、トリノオリンピックスイス代表。2007年、2008年ヨーロッパフィギュアスケート選手権2位、2006/2007 ISUグランプリファイナル3位。スイスフィギュアスケート選手権優勝7回。人物1984年5月4日、ビュラッハで生まれる[1]。生家は有名なスケート一族で、叔母はフィギュアスケートコーチ、母は国際スケート連盟審判員、姉はシンクロナイズドスケーティング選手、父やおじ、それに2人のいとこはアイスホッケーの選手である[2][3]。経歴1999-2000シーズンからスイスフィギュアスケート選手権で7度の優勝を誇る。2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピックにも出場した。2006-2007シーズンにはロシア杯でGPシリーズ初優勝を果たす。GPファイナルにも出場し、スイス女子シングル選手として初の表彰台となる3位に入った。欧州選手権ではスイス女子選手として初めて銀メダルを獲得。翌年の欧州選手権でも再び2位となった。主な戦績2001-2002シーズン以降2000-2001シーズンまでJ = ジュニアクラス詳細プログラム脚注^ a b c d e f g h 『フィギュアスケート選手名鑑 2006』新書館、2005年12月、p.106^ 斎藤貴子編『フィギュアスケート07-08シーズンフラッシュバック』実業之日本社、2008年3月、p.47^ 『フィギュアスケートDays Plus 2008-2009女子シングル読本』ダイエックス出版、2008年9月、p.64^ a b 『ワールド・フィギュアスケート 35』新書館、2008年12月、p.77^ 境田優「06-07シーズン振付師相関図」『フィギュアスケートDays vol.2』DAI-X出版、2007年3月、pp.32-35外部リンクサラ・マイアー公式サイト国際スケート連盟によるサラ・マイアーのバイオグラフィー 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BC」より作成カテゴリ: 1984年生 | 存命人物 | スイスのフィギュアスケート選手 | スイスのオリンピック選手サラ・マイアー(ドイツ語: Sarah Meier, 1984年5月4日 - )は、スイスのフィギュアスケート選手(女子シングル)。ソルトレイク、トリノオリンピックスイス代表。2007年、2008年ヨーロッパフィギュアスケート選手権2位、2006/2007 ISUグランプリファイナル3位。スイスフィギュアスケート選手権優勝7回。人物1984年5月4日、ビュラッハで生まれる[1]。生家は有名なスケート一族で、叔母はフィギュアスケートコーチ、母は国際スケート連盟審判員、姉はシンクロナイズドスケーティング選手、父やおじ、それに2人のいとこはアイスホッケーの選手である[2][3]。経歴1999-2000シーズンからスイスフィギュアスケート選手権で7度の優勝を誇る。2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピックにも出場した。2006-2007シーズンにはロシア杯でGPシリーズ初優勝を果たす。GPファイナルにも出場し、スイス女子シングル選手として初の表彰台となる3位に入った。欧州選手権ではスイス女子選手として初めて銀メダルを獲得。翌年の欧州選手権でも再び2位となった。主な戦績2001-2002シーズン以降2000-2001シーズンまでJ = ジュニアクラス詳細プログラム脚注^ a b c d e f g h 『フィギュアスケート選手名鑑 2006』新書館、2005年12月、p.106^ 斎藤貴子編『フィギュアスケート07-08シーズンフラッシュバック』実業之日本社、2008年3月、p.47^ 『フィギュアスケートDays Plus 2008-2009女子シングル読本』ダイエックス出版、2008年9月、p.64^ a b 『ワールド・フィギュアスケート 35』新書館、2008年12月、p.77^ 境田優「06-07シーズン振付師相関図」『フィギュアスケートDays vol.2』DAI-X出版、2007年3月、pp.32-35外部リンクサラ・マイアー公式サイト国際スケート連盟によるサラ・マイアーのバイオグラフィー 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BC」より作成カテゴリ: 1984年生 | 存命人物 | スイスのフィギュアスケート選手 | スイスのオリンピック選手

emobile2のblog
賢い、お金活用マニュアル
パチンコ攻略
クレジットカード現金化
ライブチャット

元厚生次官ら連続殺傷 2回公判(5)「体中から血の気が抜けていくのが分かった」 妻の襲撃を聞いてタクシーに飛び乗った夫(産経新聞)

 《向かって左手の裁判官に続き、質問を始めたのは、伝田喜久裁判長だった。元厚生次官の吉原健二さん(77)の妻で、小泉毅被告(47)に刺されて重傷を負った靖子さん(73)に対し、あらためて犯行当時の様子について聞きたいようだ。小泉被告は、靖子さんとの間を仕切る青い衝立を見つめたまま、話に耳を傾けている》

 裁判長「被告人の姿を最後に見たのはいつの時点ですか」

 証人「私がリビングに出てからは見ていません」

 《次の質問に移るかと思われた伝田裁判長だが、ここで「ご苦労様でした」と述べ、靖子さんへの質問を終えた。靖子さんの声は、終盤になるほど震え、消え入りそうなほどか細くなっていた》

 《小泉被告や傍聴人から、退席する靖子さんが見えないように、裁判所の職員らが蛇腹の衝立を並べ始めた。小泉被告は目を閉じ、微動だにせずその作業が終わるのを待っている。靖子さんが退廷すると、小泉被告は大きく深呼吸をした》

 裁判長「続いては、吉原健二証人です」

 《伝田裁判長は、靖子さんの夫で、2人目の証人である吉原健二さんの入廷を求めた。今度は、小泉被告にだけ見えないように蛇腹の衝立が引かれた。小泉被告は、ゆっくりと首を傍聴席側へ向けた。うつろな表情だが、顔をわずかに紅潮させている》

 《黒いスーツ姿で法廷に姿を見せた吉原さんは、ゆっくりと宣誓書を読み上げると証言台のいすに座った。すると、弁護人側から「吉原さんが見えない」と伝田裁判長に要望が入った。衝立をわずかに動かした後、検察側から吉原さんへの質問が始まった。真ん中の男性検察官が立ち上がる》

 検察官「証人は、吉原靖子さんの夫ですか」

 証人「はい」

 検察官「(殺害された)山口(剛彦)元厚生次官との接点はありましたか」

 証人「私が年金局長だったときに彼が年金課長でした」

 検察官「人柄はどうでしたか」

 証人「ひと言でいうと、優秀な仕事のできる人。具体的に言うと、筋を通す正義感の強い人。上司でも政治家でも言うべきことは言って、名前の通り剛直な人でした。上司から信頼され、部下から慕われていました」

 《起訴状によると、山口さんは、吉原さんの妻、靖子さんが小泉被告に襲われる前日の平成20年11月17日に、自宅で妻の美知子さんとともに小泉被告に殺害されたとされる。人間的にも優しく、心配りのできる人だったという山口さん。その人柄を聞き、小泉被告は何を思ったのか、じっと下を向き、時折鼻をすすった》

 検察官「昨年11月18日のことを聞きます。奥さんが襲われたときの一報はどこで受けられましたか」

 証人「東京の青山で…」

 検察官「青山で用事をしていたのですか」

 証人「大学のときのクラス会に出席していました」

 検察官「山口夫妻の事件の一報はどこで聞きましたか」

 証人「その日の昼ごろ、妻から電話があって、山口さんが亡くなったという電話が知人からあったことを伝えられました」

 検察官「それを聞いたときはどう思いました」

 証人「大変なことが起きたと思いました。なぜだろうと。強盗でも入られたのかと思いました」

 《これまでの裁判で、小泉被告は山口さん夫妻殺害事件について、強盗に見せかけようとしていたことが明らかになっている。この時点では、小泉被告の思い通りに事が進んでいたことになる》

 検察官「次に、自分に災いが降りかかるとは考えていましたか」

 証人「その時点では考えていませんでした」

 検察官「クラス会とはどのような会合ですか」

 証人「クラスの中で囲碁の好きな人が何人かいて、囲碁をやって食事をして帰るような感じです。(午後)1時ごろから食事をはさんで8時ごろまでやっています」

 検察官「夕飯はどうしたのですか」

 証人「迷いましたが、この日も夕食もクラス会でして帰りたいと思い、(午後)6時ごろに家内に連絡しました」

 《靖子さんが襲われる約30分前に、吉原さんは妻に連絡を取っていたという》

 検察官「靖子さんのことについて連絡はありましたか」

 証人「(午後)7時半ごろだったと思いますが、私が元いた職場の秘書的仕事をしていた人から電話がありました。『奥さまが刺されたそうですけど』と…。私の息子が私の携帯電話に電話をしたようでしたが、クラス会の会場が地下で通じなくて、その人に息子が電話をして、その人が私に伝えてくれました」

 検察官「その電話で分かった内容は」

 証人「『今息子さんから電話があって、奥さんが何者かに刺されて重傷で、救急車に乗せられた』と。体中から血の気が抜けていくのが分かるようで、会場を飛び出してタクシーに乗りました」

 《当時の緊迫した状況を思いだしたのか、徐々に語気を強めていく吉原さん。突然の事態に動転した様子が、言葉の端々から伝わってきた。小泉被告は弁護人前の長いすに深く腰掛けたまま、まったく身動きせず証言を聞き続けていた》

     =(6)に続く

【関連:元厚生次官ら連続殺傷】
第2回公判 「一番重い刑を」 被害者が証言
「チロちゃん」に対する小泉被告の偏執的な愛とは…
小泉被告、好きなモノは時代劇とナウシカ
愛犬のことばかりの被告に涙ぬぐう遺族
小泉被告「チロは真っ白い犬だ!」

rtypeのブログ
競馬情報

天ノ山静雄

天ノ山静雄(あまのやましずお、1953年12月28日(戸籍上は1954年1月1日)-1997年9月17日)は、佐賀県小城郡(現在の多久市)出身で携帯アフィリエイト風部屋に所属した大相撲力士。本名は尾形静雄(おがたしずお)。身長190cm、体重178kg。得意手は突き、押し。最高位は西前頭筆頭(1980年7月場所、1982年5月場所)。目次1来歴2主な成績・記録3改名歴4年寄変遷5関連項目[編集]来歴佐賀県立多久工業高等学校では柔道部に所属していた。だが、2年生の時にたまたま出場した相撲大会で活躍したため、高校卒業後は駒澤大学へ進学し相撲部に入った。大学3年生の時に全国学生相撲選手権大会に優勝して学生横綱に輝き、連覇を狙った4年生では惜しくも準優勝に終わった。そのため多くの相撲部屋から勧誘されたが、学生時代に谷嵐の父親に世話になっていた縁で時津風部屋に入門した。1976年3月場所、幕下付出で初土俵を踏み、1977年9月場所で十両に昇進した。新入幕を果たした1978年3月場所では、大関・貴乃花を倒すなど11勝を挙げて唯一の三賞となった敢闘賞を受賞した。巨体と出足を生かしたもろ手突きで押す相撲を得意とし、いずれ三役で活躍すると期待されたが、下半身の脆さ(解説者の玉の海からはよく「基礎工事がなっていない高層建築物」に例えられて酷評された)が解消されないまま結局前頭筆頭止まりに終わった。1986年11月場所を最後に32歳で引退。引退後は年寄・立田山を襲名し、競馬情報風部屋付きの親方となった。以後は親方として、NHK大相撲中継の向正面解説にも顔を見せたが、現役時代から患っていた糖尿病と肝臓疾患により1997年9月17日に43歳の若さで逝去した。引退時、思い出に残る一番として横綱北の湖と初めて対戦し敗れた取組をあげた。北の湖との幕内対戦成績は9戦全敗であった。また調子が出ず負けが込んでいた場所、支度部屋で北の湖から「どうしたんだ、元気がないじゃないか」と直接声を掛けられたことがあり、横綱が一平幕力士に過ぎない自身の相撲にまで目を配り、気遣ってくれていたことを知り大変感激した、とも述べた。その巨体から「ジャンボ」と呼ばれ、同じ場所に入幕し「コンコルド」と呼ばれた琴若(最高位・前頭2枚目)と共に旅客機に由来したニックネームが付けられていた。因みに両者とも、前頭上位まで進むも、三役昇進は果たせずに終わっている。[編集]主な成績・記録幕内在位:30場所幕内成績:198勝252敗 勝率.440通算成績:400勝408敗7休(65場所)勝率.495三賞:敢闘賞1回(1978年3月場所)金星:2個(若乃花1個、三重ノ海1個)連続出場:808回(1976年3月場所-1986年9月場所)各段優勝:幕下3回(1976年9月場所、1977年7月場所、1985年7月場所)[編集]改名歴尾形ライブチャット(おがたしずお)1976年3月場所-1979年1月場所天ノ山静雄(あまのやま-)1979年3月場所-1986年11月場所(引退)四股名は、故郷にある「天山」という山から付けられた。[編集]年寄変遷立田山静雄(たつたやましずお)1986年11月-1997年9月[編集]関連項目大相撲力士一覧「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E3%83%8E%E5%B1%B1%E9%9D%99%E9%9B%84」より作成カテゴリ:佐賀県出身の大相撲力士|駒沢大学出身の大相撲力士|1953年生|1997年没|佐賀県出身の人物

岩田光央

いわたみつお岩田光央プロフィール本名岩田無料携帯ホームページ愛称兄貴、みっちゃん配偶者愛河里花子出生地日本・埼玉県所沢市血液型A型生年月日1967年7月31日現年齢42歳所属大沢事務所活動活動時期1977年-デビュー作マジシャンのルウ(『うる星やつら3リメンバー・マイ・ラブ』)声優:テンプレート|カテゴリ岩田光央(いわたみつお、1967年7月31日-)は日本の男性俳優、声優。出会いランキング県所沢市出身。血液型A型。大沢事務所所属。以前は劇団こまどりに所属していた。代表作には映画『AKIRA』(金田正太郎役)、『頭文字D』シリーズ(武内樹役)、『サイボーグ009THECYBORGSOLDIER』(008/ピュンマ役)、『灼眼のシャナ』シリーズ(“蹂躙の爪牙”マルコシアス役)、『アンジェリークシリーズ』(鋼の守護聖ゼフェル役)、『現金化口コミ.Gray-man』(アレイスター・クロウリーIII世役)、『おはコロシアム』(ケシカスくん役)など。目次1人物概要1.1特色1.2エピソード1.3挑戦企画2出演作品2.1テレビアニメ2.2OVA2.3劇場版アニメ2.4ゲーム2.5吹き替え2.6テレビドラマ2.7映画2.8実写(顔出し)2.9特撮2.10舞台2.11ラジオ2.12CD2.13CM2.14その他3出典・脚注4関連項目5外部リンク[編集]人物概要通称「兄貴(アニキ)」。『ぼくのマリー』でマリの「兄」ひろし、『超兄貴ショー』で「イダテンのアニキ」を演じたことが由来とされる。後輩やラジオのリスナー、ファンたちから兄貴的に慕われる存在である。妻は同じく声優の愛河里花子。結婚後、長い間夫婦であることが秘密にされていた[1]。私とコサ語の出会い高原教会で1992年6月13日結婚[2]。2006年1月17日に第1子(男児)誕生。実妹は声優のAKIKO[3]。また従姉妹も歌手の高柳千野(CHINO、葉菜)。M(マゾヒスト)である事を公言しており、ラジオ番組などでも相方パーソナリティやゲスト等から弄られて喜ぶ姿が垣間見られる。また、演技では噛む(舌が絡まる、台本などを読み間違える)事が多く、自身も認めている。愛車はミニクーパー。勧めたのは漫画家で友人の藤島康介。[編集]特色声優としてのキャリアは豊富であり、爽やかな好青年から不良少年、オカマキャラやさえないオヤジまで、ギャグ系もシリアス系もこなす。『おはスタ』関連や小学館プロダクションの作品には度々出演しており、特に前者ではひきだしあけお、あき、あける、ボタコのようなマスコット的キャラクターの他、本人が『コロッケ!』のプリンプリンの被り物やコスプレをして出演したこともある。[編集]エピソード自他共に認めるヨゴレ声優。その名が示すように、ラジオ番組等における異様な勢いとそれに任せた下品なトークが持ち味でもある。女性声優の前で堂々と(そして嬉々として)下ネタを振ることも多々あり、特に最近ではパチンコ攻略真澄や中原麻衣、福井裕佳梨を相手にした時にそれが激しくなる傾向にある。自分では下ネタ声優No.3だと考えている。「No.1は小野坂昌也、No.2はクレジットカード現金化 比較智一。あの二人は女性器名称をどんな現場でもストレートに平気で言うけど、さすがに俺は、そこまで言わない」と、『超機動放送アニゲマスター』におたっきぃ佐々木の代打パーソナリティー兼ゲストとして出演した際、岩田本人の口から語られている。また、自分を追いかけている声優として石川英郎、谷山紀章の名をラジオで挙げ、最近飛び抜けている逸材として浪川大輔を挙げており、彼については「格好付けずに楽になればいいのに」と発言している[4]。高い支持を持つアニメ作品『AKIRA』の主人公・パチンコ攻略を演じた事は彼の声優としての活動において最も特筆すべきキャリアのひとつだが、ラジオでリスナー

ペトロー・モヒーラ

ペトロー・モヒーラ家系モヒーラ家紋章称号キエフ、ハルィーチおよび全ルーシの府主教両親シメオン・モヒーラ出生1596年12月21日生地スチャヴァ、モルダヴィア死去1647年12月22日没地キエフ、ウクライナペトロー・モヒーラ(ウクライナ語:現金化口コミМогила、モルドバ語:PetruMovilă;1596年12月21日‐1647年12月22日)は、モルダヴィア公国の貴族、ポーランド・リトアニア共和国の政治家・聖職者。ロシア語表記(ПётрМоги́ла)からピョートル・モギラとも転写される[1]。少年時代は軍人としてオスマン帝国との1620年のツェツォラの戦い、1621年のホティンの戦いにおいて功名を立てた。しかし修道への希望を持つようになり、1625年にキエフ洞窟大修道院で剪髪(せんぱつ)[2]を受けた。1627年に同大修道院の掌院となり、パチンコ攻略における正教会の復興と改革に務めた。1632年にイエズス会のカレッジをモデルにキエフ・モヒーラ・カレッジを創立し、同年にキエフ洞窟大修道院において正教関係文献の出版を開始し、1629年に聖体礼儀の改革を行った。1633年にキエフ、ハルィーチおよび全ルーシの府主教ならびコンスタンディヌーポリ総主教の総主教代理となり、キエフの聖ソフィア大聖堂を府主教座にした。その後、キエフ大公国時代の教会を多く復興させ、1642年に新たな正教要理を定めた。ウクライナ正教会、ルーマニア正教会、クレジットカード現金化正教会では聖人として崇敬されている。[編集]脚注^[1],[2](PDF),[3]^修道請願をして修道士となることを、その際に髪を切ることから正教会では「剪髪」という。[編集]参考文献(日本語)『ポーランド・ウクライナ・バルト史』/伊東孝之,井内敏夫,中井アイフォーンにまつわる.山川出版社,1998.12.(新版世界各国史 ;20)[編集]外部リンクウィキメディア・コモンズには、ペトロー・モヒーラに関連するマルチメディアがあります。«Требник»ПетраМогили1646року(факсимільневидання)「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%A9」より作成カテゴリ:ウクライナ正教会|ウクライナの人物|モルドバの人物|正教会の聖人|キエフ府主教

ジョージ・クルーニーが新作プレミアで恋人と母をエスコート

ジョージ・クルーニーの主演最新作「マイレージ、マイライフ」のロサンゼルスプレミアが11月30日夜、マン・ビレッジ・シアターで開催され、クルーニーが交際約5カ月になる恋人のイタリア人女優エリザベッタ・カナリスと、自身の母ニナさんを連れて登場した。

・ジョージ・クルーニー、ベネチア会見で変態男にキスを迫られる!

同作は、「JUNO/ジュノ」のジェイソン・ライトマン監督がメガホンをとったコメディドラマ。リストラ宣告人のライアンは、出張の際にもらえる航空会社のマイルだけを楽しみに人との関わりを避けて生きているが、やり手の女性新入社員ナタリーがインターネットによる出張合理化を提案したことで、1000万マイル達成計画が危うくなる。クルーニーが主人公のライアンを、「トワイライト」シリーズで注目された若手女優アナ・ケンドリックがナタリーを演じている。

クルーニーはレッドカーペットで恋人と母をエスコートし、集まった報道陣らに2人を紹介、母ニナさんは70歳とは思えぬ若々しい笑顔を見せていた。プレミア後、クルーニーとカナリスはビバリーヒルズの高級イタリアンレストランで、ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリーとディナーを楽しんだという。

「マイレージ、マイライフ」は2010年3月20日、日本公開。

【作品情報】
・マイレージ、マイライフ

【関連記事】
・eiga.com映画ニュース ジョージ・クルーニーが噂の彼女とベネチア入り
・eiga.com映画ニュース ジョージ・クルーニーが「サイドウェイ」A・ペイン監督新作に主演
・eiga.com映画ニュース ジョージ・クルーニー、知人少女の裸を盗撮したパパラッチを告訴へ

イラクの靴投げ記者、パリで会見中に靴投げられる

 [パリ 1日 ロイター] 昨年12月にイラクを訪問したブッシュ米大統領(当時)に靴を投げ付け、有罪判決を受けたイラク人記者ムンタゼル・ザイディ氏が1日、パリで記者会見中に、別のイラク人記者から靴を投げられた。

 この記者会見は、イラクの戦争犠牲者についての活動のためにザイディ氏が開いたもので、テレビの映像によると、投げ付けられた靴はザイディ氏に当たらなかった。

 フランスのメディアによると、今回靴を投げたイラク人記者は米国のイラク政策を支持する発言をし、ザイディ氏が独裁主義に同調していると非難していたという。

 ザイディ氏は、訪問中の国家元首に対する暴行罪で禁固3年を言い渡されたが、後に1年に減刑され、9月に早期釈放されていた。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。